shot
 
ABOUT SHOT
伊藤隆司(Takashi ITO)
Agence SHOT代表
1958年島根県出身
ベースボールマガジン社を経て、1989年、東京、パリにAgence SHOTを設立。
オリンピック、世界陸上、FIFAワールドカップなど、国際大会を数多く取材。サッカー、陸上競技を中心に国内外のスポーツイベントで活動中。
財)日本陸上競技連盟、社)日本プロサッカーリーグ公式カメラマン。

松永和章(Kazuaki MATSUNAGA)
1973年静岡県出身
1998年フランスワールドカップを皮切りに、2001年コンフェデレーションズカップ、ワールドユース、2002年日韓ワールドカップなど、日本代表を中心に国際大会を取材。また、開幕当初からJリーグを撮影するなど、国内でもサッカーを中心に撮影を行っている。

原田健太(Kenta Harada)
原田健太(Kenta Harada) 1990年埼玉県出身
2014年日本写真芸術専門学校卒業
学生時代に、社会人のサッカークラブに帯同し スポーツ写真の人に与える影響力を実感し W杯での活躍を夢見て、日々の取材活動に励んでいる。
望月次朗(Jiro MOCHIZUKI)
1941年東京都出身
欧州に40数年在住し、五輪、FIFAワールドカップ、世界陸上などの世界大会を多数取材。ラグビー、陸上競技のスペシャリストとして、写真と記事の両方を手がける。グローバルスタンダードの辛口批評が話題。現在拠点をパリに置く。

中山晃一(Koichi NAKAYAMA)
1973年神奈川県出身
成城大学マスコミュニケーション学科卒
フォトディレクターとして、カメラマンのスケジュール、検索サイトの管理などを行う。

田中一生(Kazuo TANAKA)
1979年山形県出身
九州大学大学院修了
2007年スペインに渡り、語学学校に通いつつサッカーを撮り始める。
2010年帰国。Jリーグを中心に取材活動を始めるも、スポーツ写真の奥深さを痛感。
陸上、その他の競技も撮影し修行の毎日を送る。


Copyright (C) 2005 Agence SHOT All Rights Reserved. CONTACT